プールも温泉も嫌い。タンクトップも着たくない。

コンプレックスのかたまりだった私は
貧乳とからかわれて傷つくことが多かったのです。


エステやバストアップサプリも高すぎるし
バストアップ体操も意思が弱くて続かない。
かといって豊胸手術やホルモン剤はリスクも大きいし・・・


そんな私が悩んだ末に見つけたのが
このバストアップマニュアルでした。


最初は、「なんか、うさんくさいな・・・効果がなければどうしよう。」
「今まで色々試したのと同じなのでは・・・」と迷いました。


でも180日間の無料サポートや、効果がなければ全額返金保障!!
というのに惹かれ、思い切って試してみることにしました。


すると開始2ヶ月あたりから、まるで10代のころに
タイムスリップしているように胸が張って痛くなってきたんです。


しかも目に見えてバストがアップして、今ではこの私にも憧れの谷間が!!


そして65Aカップの私が、Dカップになった時のうれしさ!!


バストアップに1番大切な●●バランスを整えるコツや、
1日10分程度の超簡単なバストアップ法が
根気のない私にもぴったりだったようです。


スカート1枚買ったつもりで始めた
このバストアップ法が私に自信と喜びをくれました。


私のように小さな胸に悩んでいるあなたも
この感動をぜひ体験してください!!


元婦人科薬剤師の三浦さんが教えてくれました!
安全で簡単な豊胸・バストアップ法・くわしくはココをクリック


ブライダルアイメイクで悩殺

アイメイクのしかたと化粧の仕方:目元で無敵の小顔。女性にとってはメイクも大切なマナーの一つです。大人の女性として、シーンに応じたメイクができるようになりたいですね。さて、華やかな席では、どんなメイクをしたらいいのでしょうか。多くの女性は悩んでしまいますね。普段よりもファンデーションを多めにつけて、アイカラーや口紅も濃い目の色を使ってみたり、ただの白浮きした厚化粧になってしまうと悲しいものですね。

「立体感」と「くずれにくさ」を意識したメイクを心がけましょう。普段のメイクを少しだけ丁寧にするだけでも、きちんと見えるものですよ。顔全体には、まず下地とファンデーションです。黄色のコンシーラーを目元、頬、小鼻の際、口元の順にぬっていきます。
ファンデーションは頬や目の下をパッティングし、顔の中から外へとぼかしていきます。

眉は小鼻と目じりの延長線上までを眉山からアイブローで引いていきます。
下のラインは眉頭からの自然な流れを維持します。顔に立体感が出て自然になります。ペンシルできちんとリップラインと口角を描き、明るい色調の口紅を全体に丁寧にぬります。唇の中央に丸くグロスを乗せれば立体リップができあがりですね。アイメイクは、色をのせる前に、眉まわりの産毛処理をしておきましょう。
色がよく映えて綺麗になりますよ。
では、まず最初に薄づきの白いアイシャドーをアイホール全体に塗ります。

それからアイラインを丁寧に引いていきます。
そしてカラーアイシャドーをまぶたに乗せていきます。ビューラーやまつげパーマでまつげをあげておくと、目がぱっちりとしますよ。目力を入れたい場合は、目じりにだけ部分つけまつげなどをつけると、目力がアップしますよ。